アプリの広告出稿担当者の場合、何かしらの計測ツールを入れているのが普通だ。

というのも、アプリ集客の配信面はWebと異なり、コレ!と言った有力な配信媒体がまだ無く各広告ネットワーク(ADNW)が乱立している状況だ。(参考:GDNの配信面が他ADNWへも拡大へ。まずはリマーケティング配信にて適用)

となると、配信媒体は膨大な数に上るため、配信実績を一元管理するための計測ツールをアプリに入れているケースが多いはずだ。(具体的には、計測ツールのSDKを入れる。)

自分が新しくアプリ集客も担当するようになり、普段iPhoneしか使わない自分がAndroidの広告識別子であるAdID(Advertising ID=広告ID)をCVテストのためにリセットする必要があったため、忘備録としてまとめる。

参考:Androidの広告ID「Advertising ID = AdID」は広告識別子として100%の精度を誇る端末IDである

スポンサーリンク

なぜCVテストを行うためにAdIDをリセットしないといけないか

アプリの広告配信を行う場合、取得したい情報は「インストール」「アクション(購入とか予約とか)」の少なくとも2点はある。

サービスサイドの人間として、一度ダウンロードしたアプリを再度インストールしたユーザーをインストールとして計測したくない。

開発機でテストをするケースがほとんどだが、大抵いくつかの.verのサンドボックスアプリを入れたことがあるためにアンインストールする必要があるのだが、それだけでは上記”計測したくない“状態と同じだ。

それを回避するために、Androidの広告識別子「AdID(Advertising ID=広告ID)」をリセットする必要がある。

AdIDのリセット方法は「 設定>(アカウント)Google>広告>広告IDをリセット 」(※OSの.verによって多少異なる)

Androidの場合、OSのバージョンによりUIが大きく異なるのだが、基本的に設定の中から確認することができる。

(iOSの広告識別子「IDFA」は値を実機では確認することは出来ないが、AdIDは確認できる。)

アンインストールした後にAdIDのリセットを行い、テストしたい.verのサンドボックスアプリをインストールすれば、まっさらな状態からのテストが可能になる。

アプリ集客担当者は必ず忘れないようにしよう。

参考:アプリ広告で重要な指標であるCPIとは?その意味と計算式を解説する

TechAcademyでWebマーケティングを学ぶ

スポンサーリンク
073ab35e57671c899dc0e04ef698c570_s

この記事が役に立ったらいいね!をしよう