広告運用者の皆さん、こんにちは。

広告配信媒体も動画等多様化しており、媒体のツールも多岐に渡っている昨今、そろそろ自動入札ツールの導入を検討しなければいけない時代が来ています。

Yahoo!は一旦置いておいて、Google AdWordsの機能として備わっている2種類の自動入札ツール「コンバージョンオプティマイザー (CO)」と「入札戦略」について、その違いを紹介していきます。

参考:Google AdWordsヘルプ 「コンバージョンオプティマイザー」「入札戦略

スポンサーリンク

コンバージョンオプティマイザーと入札戦略では最適化の条件の要素が違う

コンバージョンオプティマイザーの場合、目標CPA(参考:CPA最適化から考えるリスティング・ディスプレイ広告運用における施策検討方法とはCV最大化に最適な広告予算を決めるために5分でCPAカーブを描く方法とは)を設定します。その他の設定要素はありません。

それに対し、入札戦略では以下の要素でそれぞれ最適化として加味される要素が異なります。

入札戦略の要素①:クリック数の最大化(CTR最適化)

入札戦略を適用したキャンペーンや広告グループ内には、各広告ごとにCTR(クリック率)が算出されます。

現状の配信状況でCTRの高いものに関して、ユーザーの属性(デモグラフィック)なども含めて入札価格が決定され、全体でCTRを最大化するように動きます。

これにより、Imp数(インプレッション数=表示回数)やCV数が減ることが当然考えられるので、なぜこの設定にするのかはよく考えましょう。

入札戦略の要素②:検索ページの目標掲載位置

設定で1ページ目への掲載か、検索結果の最初のページの上部を選ぶことができます。

検索ページの目標掲載位置で入札戦略を行った場合、広告の品質スコアが低いものに関しては無理やりに入札を強めて上位表示させようと動きます。

予算を使いすぎるのを防ぐため、品質スコア4以下の広告に関して入札を強めない設定も可能です。

開始当初でブランドイメージのあまり無いサービスに関して、認知度を高める(広告へのリーチ数を増やす)目的で行うのに適しているでしょう。

入札戦略の要素③:目標優位表示シェア

競合のドメインを指定して、それより上位表示を行う入札戦略です。

一般的にどのサービスもBigワードと言われるキーワード群が存在し(僕の好きなもので言うと「時計」とか。参考:生粋の時計好きの僕が10万円代のお洒落な機械式時計を淡々と紹介する)、激選区のキーワードでのオークション入札を勝ち取るために設定します。

自社のブランド力に自信があり、しかしBigワードでの順位が広告の品質等により思わしく無い場合に利用するのはありかな?設定している広告運用者は少ない気はしますが…。

有効活用法を知っていたら教えてください。

入札戦略の要素④:目標コンバージョン単価(CPA)

これが以前のコンバージョンオプティマイザーと非常に似ている入札戦略である「target CPA」。

目標CPAを設定するあたり、ほぼコンバージョンオプティマイザーと変わりないですが、Googleのヘルプを見ると

「これはコンバージョンオプティマイザーの柔軟性を高めたものです。」

と書いてあります。上記の理由は2つあります。

一つ目は

コンバージョンオプティマイザーは「キャンペーン単位」でしか設定できないのに対して、入札戦略のtarget CPAは「キャンペーン、広告グループ単位」”どちらでも”設定可能

二つ目はヘルプの

「この入札戦略を使用しているすべての広告グループとキャンペーンで、平均コンバージョン単価が目標値と同じになるように入札単価が設定されます。個別のコンバージョン単価は目標値を上回ったり下回ったりする場合がありますが、全体としては設定した目標コンバージョン単価と同等になるように調整されます。」

よりまとめて

入札戦略(target CPAのみ)を適用したキャンペーン・広告グループ全てで平均して目標CPAを達成するように動く(ただし保証はされない)

これまでの入札戦略のヘルプ全てに記載されていますが、動きは保証されません。

それを知った上で設定しましょう。

入札戦略の要素⑤:目標広告費用対効果(ROAS)

ごめん。ぶっちゃけこれよく分かんねー。

target ROASとか言いますが、target CPAとほぼ変わらない動きをすると考えています。多分。

コンバージョンオプティマイザーと入札戦略の大きな違いは、COは「キャンペーン」のみ設定可能なのに対して、入札戦略は「キャンペーン」or「広告グループ」毎に設定可能

大事なことなのでもう一度書きますが、これに尽きます。

そのため、コンバージョンオプティマイザーと入札戦略では必要なコンバージョン数の単位が若干異なります。

入札戦略は「キャンペーンまたは広告グループで15CV/月」必要

コンバージョンオプティマイザーと異なるのが、上記背景黄色の部分。

入札戦略は広告グループ単位で設定可能なため、上記条件となっています。

 

入札戦略はコンバージョンオプティマイザーの柔軟性を高めたもの、その名の通りですね。

目標CPA最適化に関しては、一旦拡張性を高めた入札戦略を使うのが正かなと思っていますが、皆さんの事業内容に応じた最適な自動入札を導入してくださいね!

TechAcademyでWebマーケティングを学ぶ

スポンサーリンク
6c44e6164a47aec5e815d8862db8510e_s

この記事が役に立ったらいいね!をしよう