インターネット広告(リスティング広告(PPC広告)・ディスプレイ広告(バナー広告))の効果を計る重要な指標があります。

ウェブマーケティングに関わる人でも、そうでなくてもウェブサービスに関わる人ならほとんどの人が知っているCPAとは。

当サイトでは、このCPAを用いた目標設計等、様々な記事を書いてきました。

参考1:CV最大化に最適な広告予算を決めるために5分でCPAカーブを描く方法とは

参考2:広告コスト(ネット広告費)を算出したい時のCPAからの逆算による試算方法とは

今一度、原点に立ち返ってCPAとは何かについて、その意味と計算式をまとめます。

スポンサーリンク

CPAの意味は略語の元「Cost Per Action(Acquisition)」から覚えよう

アドテクやウェブマーケティングに関わる人ならば嫌という程分かっていると思いますが、3文字の略語が多い笑

最初は、略語の元を辿って単語の意味を理解しましょう。

Cost Per Action(Acquisition)と呼ばれるCPAですが、ここで言うAction(Acquisition)は行動とか獲得を意味し、CV(コンバージョン)を意味します。

CPAとは「1件のCV(コンバージョン)を獲得するのに必要なコスト」のことになる

略語の元を正すと、その単語の計算式まで浮かんできますよね?

Perとは「/(÷)」のことであり、後は分かるでしょう。

CPAの計算式は「Cost ÷ CV」である

そもそもCostとは何かと言うと「広告費」のことであり、広告宣伝費(広宣費)ともマス広告の場合に呼びます。

が、アドテクの世界では広告費という単語を使うことはほとんどなく、「コスト」あるいは「Budget(バジェット(予算))」と呼ぶことが大半です。

理由は簡単で、Google AdWordsでは広告費のことを「予算」と言うからで、1日の予算のことを日予算と言ったりBudgetと言ったり色々です。

※相手と会話する時、予算が月の予算なのか日の予算なのかは確認しておく必要がありますね。

次にCV(コンバージョン)ですが、これは扱っているサービスにより異なります。

会員登録がCVポイントだったり、予約がCVポイントであることの方が多いでしょうか。

ECであれば購入がCVになりますね。

つまり、CVと言っても人によって何を指しているかバラバラなので、会話する際に違和感を感じたら聞き直しましょう笑

CPA = 予算(Cost) ÷ 獲得件数(CV)・・・※

CPAがなぜ重要かと言うと、コストの費用対効果を簡単にしる指標だからです。

SPA(Sales Per Action(Acquisition))という単語もありますが、これを下回らなければ赤字にならない1件当たりの獲得予算のことであり、CPA < SPAとなっていれば黒字です。

つまり、サービスの集客の健康診断となる指標なので、皆重要視します。

マーケターならCPAを要素分解出来ないといけない

参考:CPA最適化から考えるリスティング・ディスプレイ広告運用における施策検討方法とは

※詳しくは上記リンク先に記載しています。

Cost / CVがCPAなのは分かりましたが、そこから施策に移す(CPAを下げる)にはもう少し深掘る必要があります。

Cost = CPC(クリック単価) × CTs(クリック数)・・・①

実はCostは、CPCとCTsに分けられます。

また横文字かよという方は辛抱頂きたいのですが、CPC(Cost Per Click = クリック単価)とCTs(Click Through = クリック数)の略語です。

ネット広告は、各広告に対していくらで入札するかを決められます。それがクリック単価です。

CV = CTs(クリック数)  ÷ CVR(コンバージョンレート)・・・②

CVR(Conversion Rate = コンバージョンレート)はクリック数に対する件数獲得した割合を表します。

①と②を組み合わせると、※の式は以下で書き直せますよね?

CPA = CPC ÷ CVR

僕もそうだったのですが、この式を身体に染み込ませるのにすごく違和感を感じました。

ですが、数字遊びで上記数式が導き出せるのです。

ここまで落とし込むと、施策が見えてきます。

CPA(獲得単価)を下げたいのであれば、クリック単価を下げるかCVRを上げれば良い

クリック単価を下げるには入札を下げるか、広告文等の品質を上げることが必要になります。(参考:品質スコア決定要素を詳細解説!クリック率(CTR)に掲載順位は関係ない!?【Google AdWords】)

CVRを高めるためには、サイト内のUI/UXを良いものにしていくことが大事になってきます。

CPCの側を改善するのがアドテクに関わるものの宿命であり、CVRを高めるのはUI/UXデザイナーの仕事です。(もちろん、CVRだって改善するのがマーケターです!最適なLPを見つけたりとかね。)

CPAを勉強していたら、サイトの改善すべき施策にまで落とし込むことができましたね?

まずは、CPAの定義を身体に叩き込むところからスタートするのが、ウェブマーケターなのです。

TechAcademyでWebマーケティングを学ぶ

スポンサーリンク
34ced23d9d616c8ebbc6a5dd306a4d72_s

この記事が役に立ったらいいね!をしよう