ついにメッセージング(チャット)領域にインターネットの巨人が乗り込んだ。

GoogleがAI補助を用いたチャットアプリ「Allo」を発表した。(外部リンク:Engadget)

メッセージングサービスと言えば、LINEとFacebookメッセンジャーが国内では有力である。

参考1:Facebook Messenger(メッセンジャー)Bot Store(チャットボット)の登場がGoogleを揺さぶる理由

参考2:Facebook Messenger(メッセンジャー)のDropBox連携の狙いはGmailへの対抗?

正直遅すぎると言えるGoogleのチャット領域への参入だが、思うところをまとめてみる。

スポンサーリンク

Google「Allo」の最大の特徴はAIを活用した自然言語解析による”メッセージ送信・レコメンドの最適化(≒自動化)“である

Google Alloの最大の特徴が、AIを利用した自動応対機能「Smart Reply」搭載である。

Alloはまさしく車社会1秒でもメッセージ送信の手間を減らしたいアメリカ向けの仕様であり、日本ではすぐには流行らないだろう

というのも、Alloのミソが「機械学習による自然言語処理能力の個人に合わせた最適化を図る」ところであり、ユーザーが使うほどに精度の高い変換予測(返信内容予測)を行う。

逆に言うと、ユーザーが使わなければ精度は向上しないまま、サービスそのものもグロースしない。

※しかもメッセージアプリの難しい点が、メッセージのやり取りを行う人間同士双方アプリを持っている必要がある。

ユーザーがいなければ、Alloへの広告配信を行う企業も現れないためにマネタイズができないという負のスパイラルに陥る。

Alloで全て解決するように検索やMap、YouTubeもAllo上で使えるようにするようだが、それだけではお金にならない赤字を垂れ流す事業になる。

LINEは上手くSMSからの転換期の圧倒的シェアを獲得したし、FacebookメッセンジャーはFacebookアプリ本体で使えていたメッセージ機能を切り出すという大胆な方針転換を図ったことにより地位を確立した。

Google Alloの今後は、非常に難しい船出だろう。

スポンサーリンク
1557a41ac46b51494cb9179337432982_s

この記事が役に立ったらいいね!をしよう