Googleのような検索エンジンは、検索順位に関係する幾つものサイト評価の要素がある。(非公開だが、一部は公に発信されているし推測されている。)

SEO界隈でよく語られる「被リンク」なども要素の1つである。

だが、検索エンジンには新陳代謝が必要であることはGoogleも認識している。

そうでなければ、ドメインエイジの古い老舗サイトばかりで溢れる”老いた“検索エンジンになるからだ。

それを解決するのが「Googleハネムーン」である。

スポンサーリンク

Googleハネムーンは新規コンテンツの検索順位を”意図的に“引き上げる

検索結果に新陳代謝を促すためにはどうするか。

Googleが出した見解は「一時的に(一部の)新規インデックスされたコンテンツの検索順位を引き上げて様子を見る」だったのだろう。

検索順位が引き上がっているうちに、検索エンジンから評価を受けるアクションをサイトが受ける(シェア等による被リンクを獲得する、等)ことで、実際の検索順位に均されていくのだ。

もちろん、単に新規インデックスされるコンテンツを圧倒的に評価する訳ではないし、他の要素が絡んでの結果ではあるが、比較的新規コンテンツの方が評価されやすいのは確かだと実感している。

※その後、リライトして更新するのも有効だと認識している。

参考:他サイトの記事をリライトして繋ぎ合わせただけの記事はGoogleから自動ペナルティを受ける

このGoogleハネムーンを応用して作成していたサイトが、ニュースサイト(トレンド系サイト)であると認識している。

参考:ニュースサイトのアクセスの稼ぎ方をマーケター目線で解説する

トレンドアフィリエイトと呼ばれていた新しい検索クエリを探してきたコンテンツ作成するという手法は、実は検索エンジンを意識してみると非常に理にかなった方法なのである。

大手ニュースメディアも情報量がそこまで多くないことが多く、新規サイトでも同じ検索クエリで十分検索上位を獲得することが可能なのである。

※毎日10記事とか更新する日々に疲れるという難点もあります。

TechAcademyでWebマーケティングを学ぶ

スポンサーリンク
ea09781f4463b0227fb21969f6569a13_s

この記事が役に立ったらいいね!をしよう