Googleが突然、新しいページ表示速度ツール「think with Google」を発表した。

結論から言うと、既存の「PageSpeed Insights」とは数値上違いは特に無い。(参考:ページ表示速度はSEO(検索順位)に影響を与えるとGoogleが明言!無料ツールを一挙ご紹介)

”Powered by PageSpeed Insights”の表記があるように、データの内容自体には変わりがないが、開発者用に公開されているPageSpeed Insightsに比べてスコアを伸ばすための改善策が提示されていない簡素化されたUIとなっている。

その代わりに、非常に見やすいデザインになっている。(PageSpeed Insightsも見難い訳では全く無い)

スポンサーリンク

think with GooglePageSpeed InsightsのUIを比較する

PCは質素なデザインからカラフルなデザインに変更された。

※当サイトで実験。

モバフレ新しいの

モバフレ結果PC1

それに対して「PageSpeed Insights」の場合は以下。

aegergaegerg

srthstrhtrh

sfxgnjdfrn

ちなみにPageSpeed Insightsの方は、「修正方法を表示」をクリックすると具体的な対応策が記載されている。

think with Googleの方では修正方法を見ることは出来ない。(「CSSを縮小する」等、やるべきゴールは分かる。)

次にモバイルを見てみよう。まずは新しい方。

モバフレ新しいのSP

モバフレ結果SP1

PageSpeed Insightsのモバイル表示は以下。

昔の

aergag

aergeagrg

ページ表示速度をモバイルで見る機会はそんなに無いような気はするが、このツールを公開したということは「Web担当者が気軽にページ表示速度を確認しなければいけないくらい、検索エンジンのアルゴリズムに組み込まれる」ということだろう。

先日も、モバイルのページ表示速度はモバイルフレンドリーアルゴリズムの要素に組み込む(これまではPCのページ表示速度を参考にしていた)ことは明らかだろう。

参考:Googleはモバイルフレンドリーアルゴリズムに「モバイルの」ページ表示速度を数ヶ月のうちに組み込む

ページ表示速度を高めるには、何よりサーバーの見直しが大事である

PageSpeed Insightsでテストをすると、まず「サーバーの応答時間を縮小する」という修正をGoogleが指摘する。

javascriptの読み込みを遅らせる等ももちろん必要だが、サーバーを良いものに切り替える方が普通のブログやサイトであれば効果がある。

今作成中のサービスはAWS-Rails-Nginx-Unicornという流行りに乗りまくった構成でデプロイする予定で、非常に楽しみである。

このサイトはお名前.comの共用サーバーからエックスサーバーに乗り換えた。

そのおかげで、ページ表示速度が2倍になるという恩恵を受けることが出来て、管理画面も爆速で軽くなりストレスが無くなった

気になる方は以下から見ることをオススメする。

===お名前サーバーからエックスサーバーに移転して「2倍」のページ表示速度に!===

TechAcademyでWebマーケティングを学ぶ

スポンサーリンク
e2bab8c7a4953e1f22240ad3a2ed66a3_s

この記事が役に立ったらいいね!をしよう