ウェブサイトのHTTPS化がSEO的に有利なのでは?と考えている僕が、重い腰を上げて当サイトのHTTPS化に対応しました。(参考:HTTPS化がSEOに与える影響からお名前サーバー→エックスサーバーへの変更を決意した)

環境はWordPressでPHP5.16、DBはMySQLです。

先人が二人おり、彼らのサイトを参考に実装を完了させました。

なので、詳しい方法はそちらを見て頂きたいのですが、記載されていない落とし穴が3つありました。

これから自分のサイトやブログをHTTPS化しようと考えている皆様。ぜひご一読ください。

今村だけがわかるブログ:Webサイトを「HTTP」から「HTTPS」へ切り替える際に行う一連の作業をまとめました

たらはこ:[WordPress]ブログ環境をHTTPS対応チェックリストとやった事総まとめ #七ブ侍 #水曜日

スポンサーリンク

一番大事なSSL証明書の発行の時、必ずwww有り無し両方で使えるものを取得しよう

まずはここです。

僕は今1年間ならば無料でSSL証明書を発行できる、エックスサーバーで発行しました。(実際に発行したのはSecureCoreの3年契約(¥3,600))

その際、SSL証明書はwww無しのみで使えるものを発行しました。

www付きでも使えるものにしておけば良かった…とめちゃめちゃ後悔していますが、時すでに遅し。

実は、こんな弊害があります。

SSL証明書がwww無しだと、https://www….→https://….へのリダイレクトが出来ない!!

後ほど記載しますが、HTTPS対応が完了した際はhtaccessを利用したリダイレクトの処理を記述する必要が”SEO的に”あります。

Googleに「このサイトのメインドメインはhttps://….ですよ」と伝えるために、http://…→https://…とwww有り→www無しへのリダイレクト処理をしないといけないのです。

が、SSL証明書をwww無しで発行していると、以下画面のようになります。

スクリーンショット 2016-02-14 17.35.12

 

リダイレクトの処理をしようにも、SSL証明書を発行していないためにパーミッションが無く、リダイレクト処理もうまくいきません。

SSL証明書は、必ずwww有り無し両方発行するようにしましょう。

設定 > 一般の「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」を変更しないとエラーが消えない

僕はRuby on Railsで週末プログラミングをしています(参考:【Ruby on Rails】twitter apiを利用してoauth認証・タイムラインを表示する【Ruby on Rails】instagram apiを利用してoauth認証・タイムラインを表示する)が、PHPはよく分かりませんし、ましてやWordPressの関数なんて全然知りません。

テーマのhttp→httpsへの変更を終え、いざchromeのデベロッパーツールでコンソールを起動すると出るわ出るわエラーの海…

そしてテーマ(header.php)を見返すと、こんなコードが。

ここの”get_template_directory_uri()”や”get_stylesheet_uri()”、”get_bloginfo()”といった関数がhttpのURLを吐き出しており、functions.phpに記述されているんだな?と見に行ったら何も無い…

なのでググってみると、WordPress特有のuriを呼び出す関数らしい。(Stinger6を使っている当サイトでは、ここら辺URL直打ちでは無い実装になっています。)

エラーが消えないとお困りの方、まずは「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」を変更しよう

htaccessファイルでのhttp→https,www有り(無し)→www無し(有り)へのリダイレクト処理を忘れずに行おう

最後の落とし穴がリダイレクト処理。

僕はhttp://→https://へのリダイレクト処理を行っただけで寝ようとしていましたが(深夜4時)、www有り無しのリダイレクト処理を書き忘れたことを思い出して慌てて設定しました。

以下にhtaccessファイルの一部を載せておきます。(サーバーによってhtaccessにサーバー管理画面用の処理が記述されている(エックスサーバー)ケースがあります。ご注意を。)

※下にindex.phpのリダイレクト処理も記述しています。

 

ちなみにこのサイトは、HTTPS対応自体は完了しましたが、なぜかスマートフォンで先日導入したソーシャルシェア(参考:ソーシャルでのシェア増を目的にStinger6にバイラル風シェアボタンを設置した)のCSSがバグっています。(chromeのデベロッパーツール上だと問題無し)

twitterssl

 

途方に暮れています…何これww

SSL証明書を検討しているなら、エックスサーバーでの契約一択!

今回エックスサーバーへお名前サーバーから移転し、その一環でキャンペーン中のSSL証明書を発行しました。

3/31までのキャンペーンで、SSL証明書(独自SSL)が無料で1年間契約できます。

管理画面も早くなり、ページ表示速度も2秒台を達成し、もう言うことなしです。

TechAcademyでWordPressを学ぶ

スポンサーリンク
c561d52a81b982d24f5890bd0205d95f_s

この記事が役に立ったらいいね!をしよう