iOS6より導入されているAppleのiOS端末における広告識別子「Advertising Identifier(IDFA)」。

これまでは「UDID(Unique Device IDentifier)」という端末識別子を利用して広告配信等を行っていた。

しかし、端末識別子はユーザーがリセットすることが出来ず、100%個人を特定できてしまう情報であり、セキュリティの観点からIDFAがiOS6より導入された。

これはAndroidにおけるAdvertising ID(AdID)と同様のもので、ユーザーがリセットを行うことのできる広告配信用の識別子だ。(参考:Androidの広告ID「Advertising ID = AdID」は広告識別子として100%の精度を誇る端末IDである)

今の精度では100%ユーザーの特定を出来るといっても過言ではない精度であるため、Apple側も「広告配信における利用以外は認めない」と宣言している。

GoogleがなぜAndroid端末を出したかと言うと、スマートフォンのアプリ市場の巨大さ(≒アプリ広告市場の広大さ)を認識したからに他ならない。

スポンサーリンク

検索エンジンを制覇したGoogleだが、iOS端末のアプリ利用者の動向を把握できなくなったことに気付いた

そもそもウェブのリスティング広告やディスプレイ広告をここまで牽引した大きな要素が「Cookie計測」である。

Cookieの情報に基づいて広告配信を行うことで、ユーザーをターゲティング出来るようになり広告配信の精度は飛躍的に高まった。

ウェブサイトという「面」に配信していた時代から「人」に配信する時代に変わったのだ。(参考:GDNのターゲティング方法を覚えて配信効率化を図る)

だが、現在はPC以外にもスマートフォンやタブレットといった、複数のデバイスを1人の人が持つ時代になり、Cookie計測の限界を痛感することになる。

Cookieとは正確にはブラウザに紐づくユーザー情報であり、別ブラウザ(Chrome → FireFox等)はもちろんデバイスを跨いで同一人物であることを特定することは出来ない。

だが、広告識別子(IDFA)であれば、ユーザーがどのアプリを利用していても同一のIDFAが紐づくため、全アプリを跨いで広告配信を行うことが出来るのだ。

スマートフォンやタブレットは爆発的に普及しており、近い将来ウェアラブル端末等も普及するだろう。(参考:オーディエンスターゲティング×ウェアラブル端末でいずれ訪れる怖い未来)

「アプリ」という新たな生態系における広告配信を行うには、IDFAが不可欠なのだ。

スマートフォンでの広告識別子はAppleに握られてしまっている。だからGoogleは「Android OS」を作った

Appleには検索エンジンの側面は無かったが、IDFAという独自の広告識別子を擁しており、ここからGoogleの牙城を攻めに行く可能性はある。

Googleの動きは素早かった。

NexusのようなGoogle純正のスマートフォンの開発よりも「Android OS」の開発を最優先させた。

何とGoogleは「MicrosoftがPCでやったように、スマートフォンのOSを制覇してしまえばアプリ広告も握れるじゃん」と考えたのである。

ここに、Appleはハードウェアの企業だがGoogleはソフトウェアの会社であるという違いが表れ、それは確かに正しかった。

Googleはアプリ広告の配信においても、世界一の地位を揺るぎないものとしている。

もしOSの開発よりハードの開発に力を入れていたら…混沌とした時代になっていただろうし、Appleファンとしてはその時代も見てみたかった。

TechAcademyでWebマーケティングを学ぶ

スポンサーリンク
e2bab8c7a4953e1f22240ad3a2ed66a3_s

この記事が役に立ったらいいね!をしよう