ついにFacebookがInstagram広告にリターゲティングを導入するというニュースが入ってきた。

外部リンク:Facebook、Instagramでもリターゲティングダイナミック広告の取り扱いを開始

配信内容は、ほぼFacebookのリターゲティングダイナミック広告と同じだ。

※リターゲティングとは、一度サイトに訪れたユーザーにのみ広告配信を行う、一世を風靡したターゲティングの手法の1つである。(参考:検索広告向けAdWordsリマーケティングリスト(RLSA)でCVRを伸ばす!)

※ダイナミック広告とは、サイト上の商品データをFeedデータ(商品情報や商品画像、リンク先URL等の情報をセットにしたcsvファイルと思って欲しい)の情報を元に、広告クリエイティブに商品画像や商品説明を利用して行う配信のこと。

以下、アドテク担当者として思うところをまとめておく。

スポンサーリンク

Instagramのリターゲティングダイナミック広告はFacebookほどの効果を生むのかは疑問である

リエイティブ(商品画像)のコントロールが難しく、価格情報を入れ込めなさそうなのでCVR低いのでは?

外部リンク先に参考クリエイティブ例が添付されているが、まず商品画像はサービスの運用上変更を加えるのは難しいだろう。

となると、クリエイティブな世界観を好むInstagramユーザーに刺さる商品画像を広告配信に利用できないと、CVRが低い結果に終わるだろう。

さらに、価格情報等はコメント欄にちょこっと入れるくらいしか手は無さそうだ。

これも手入稿になるのであれば運用工数は計り知れない(AdWords Editorみたいな便利なものは無いよね?)。

※Facebookのダイナミック広告もリタゲだから価格情報無くても効率悪くならないよってことなのかとは思っているが、価格情報ぐらい欲しいなぁというのがユーザー視点でFacebookの広告を見ていて思うところ。(いずれ対応すると予想)

という訳で僕は「Facebook広告のダイナミック広告がInstagramでも出来るようになって、配信面増えたよ!」ぐらいに思っておくことにする。

参考1:Instagram(インスタグラム)が60秒動画の投稿を可能にした理由をマーケティング目線で考える

参考2:Instagramが投稿表示のロジックを時系列順から関心順に変更!Twitter同様タイムラインにアルゴリズムを導入か

↑これやったのは、間違いなく広告プロダクトのアップデートのためだろうなぁと思っていたら、やっぱりそうだった。

TechAcademyでWebマーケティングを学ぶ

スポンサーリンク
instagram

この記事が役に立ったらいいね!をしよう