巷で話題になっている、ライフネット生命の社長である岩瀬大輔さんがschooとの対談で語った、インターン生の話。

新卒として働かせてもらっている身になって、考え方も変わってきたのでそれを含めて適当に意見を書いていきます。

スポンサーリンク

異なる意見があって当然。どの意見も言いたいことは分かる

発端はnetgeekの炎上点火記事から(http://netgeek.biz/archives/58574)

世の中には驚くほど色々な職業があり、仕事内容は星の数ほどあります。

その中の1つである名刺管理ですが、こういう単純作業が好きだったり得意な人はいますし、不得意な人で嫌いな人も当然います。

僕はどちらかと言うと後者で、どうやったら効率化できるかな?とか面倒だし自動化したいな〜とか、名刺管理アプリを使って出来るだけ楽をしようと工夫します。

この仕事内容を非常につまらない苦痛なものと考える人ももちろんいるでしょうし、その逆も然りです。

記事を書いた方は、学生と同意見ということでしょう。

自分が将来後輩を持った時は、その人の特性に合わせてタスクを振るべきなんだなぁと再認識しながら記事を読みました。

一方で、学生を批判的に捉える意見も(こちらが大勢http://blogos.com/article/147472/)

この意見も言いたいことはすごく分かりますし、学生時代の自分が聞いたら果たして同じ視点を持てていたか耳の痛い話です。

僕も、社会人になってから上記視点を持てるようになりました。

仕事って、最初から楽しいことなんて全くありません

僕はWebサイトを運営していましたし、Webのマーケティングは好きな分野でした。

しかし、配属されてからは毎日勉強していますし、溺れてもがいている感じに近かったです。

ですが不思議なことに、元々理系院生ということもあってか、知識が付いてくると仕事のことをもっと知りたいとより考えるようになります。

きっと、この学生も同じ溺れる感じを体験しましたが、浮上することが出来なかったのでしょう。

名刺管理とマーケティングに何の関係が?という意見もありますが、実務にあたれば大抵よく分からないタスクが発生するものです。

会社で働くってそういうことです。まして起業したいならなおさら。

起業するならまずお役所に行って登記したりとか、企業で働くより何十倍も面倒臭い仕事の目白押しです。

法人口座開いたり、社印作ったりとどうでもいいようなことに追われますよね?僕は起業したことが無いのであれですが。

結論:行動しないと何も変わらない

この学生は、岩瀬さんに憧れて出待ちするくらいの行動力のある人物。

適当に暮らしている僕なんかよりよっぽど行動力ありますし、壁にぶつかりに行けばいいと思います。

ちなみに根暗な僕はBNF目指して資金100万円でデイトレードを学生時代にやりましたが、(3回投資と撤退を繰り返して)トントンで終了した悲しい事件を思い出しました。

早く相場に復帰したい。

 

また、セミプロレベル目指して本気でFPSゲームやっているのに、YouTubeへの投稿って思ったより続かないです。モチベ維持、本当に難しい。

 

ちなみに本件で僕はむしろ、学生の熱意だけで会社に迎え入れた岩瀬さんの寛容さに驚きました。(しかも学生は岩瀬さんに辞めさせられたのではなく、自分から出て行った。)

東大→ハーバード→ボスコンというエリート中のエリートの岩瀬さんも、ロジカルさよりパッションを大事にするんだなぁ。何かほっこりした。

また、ライフネット生命の社長である岩瀬さんって「開成出身」なんだ!僕と同じや!すげぇ!って親近感沸いていたんですよ勝手に。

でも、せっかくライフネット生命の宣伝しようとアフィリエイト提携先探したのに、どこにも無かったのはいただけないです。

ライフネット生命さん、a8さん、お待ちしております!!

スポンサーリンク
0658de3ac9032f5f266c427b11b98750_s

この記事が役に立ったらいいね!をしよう