アプリ集客を担当していると、アプリのアップデートのたびに計測用ツールのSDKが正しく動作しているかを調べる必要がある。

その際、基本的に検証用端末にサンドボックスモード(世にリリースしていない状態)のアプリをインストールし、それで「インストール」と「各アクション」のテストを実際に行う。

参考:CVテストのためにAndroidの広告識別子「AdID(Advertising ID=広告ID)」をリセットする方法

今回、iOS端末のIDFAをリセットする機会があったので、その方法となぜリセットする必要があるのかをまとめる。

参考:Appleの提供するiOS端末の広告識別子「Advertising Identifier(IDFA)」がCookie計測の限界を超えた日

スポンサーリンク

iOSの広告識別子「IDFA=Advertising Identifier」により計測ツールは端末を一意に特定する

正直アプリの広告計測を書いていくと、計測ツールや配信媒体によって大きく異なるのでここでは割愛するが、基本的に現在のiOSアプリはAppleの方針によりIDFA以外を利用した広告配信による端末特定を禁じられている。(UIDなど他のものを端末判別のキーにしていると、リジェクトされる)

それに則り、現存するアプリ広告の計測ツールはどれもIDFAにより、インストールと初回起動以降のアクションを紐付けている。

検証用端末にはサンドボックス状態のアプリが何度もインストールされており、IDFAをリセットすることにより計測ツールにこれまでとは別のインストールであると認識させ、各イベントのテストを行うことができる

インストールや予約といった、アプリ内で設定しているイベントを計測ツールで計測するためのテストを行うには、広告識別子をリセットする必要がある。

これをやらずにテストを行うと、計測ツールがいつまでも”初回起動”であると認識せず、場合によっては件数として上がらないツールもあるのではないだろうか。

アプリ担当者はぜひ気をつけよう。

参考:アプリ広告で重要な指標であるCPIとは?その意味と計算式を解説する

TechAcademyでWebマーケティングを学ぶ

スポンサーリンク
65dfa8d077e63f98e93f1f45890b01ad_s

この記事が役に立ったらいいね!をしよう