LINE株式会社は本日、LINE CONFERENCE TOKYO 2016にて新サービス「LINE Mobile(モバイル)」を発表し、正式にMVNO事業への参入を宣言しました。

参考:LINE Payカードは年会費無料・ポイント還元率2%(LINE Point(ポイント))の最強プリペイドカード!

回線はDoCoMo(ドコモ)のものを使い、料金は月500円からとなっています。

他のMVNOと大きく違うところは、上記月額料金内のデータ通信量に「LINEの全サービス(通話やメッセージ機能,LINE News(他タイムライン),LINE Music(!)等」「Twitter」「Facebook」は含まれません(?)。

(ローンチされていないのでまだ分からないですが、恐らく通信料制限の中にはカウントされるものの、速度制限かかっても上記SNSは速度制限されない、だと思われます。)

なぜFacebook傘下のInstagramが外れているのかは不明ですが、主要3大SNSはLINE Mobileならば通信制限に掛かること無く利用可能です。

参考:Instagramが投稿表示のロジックを時系列順から関心順に変更!Twitter同様タイムラインにアルゴリズムを導入か

スポンサーリンク

LINE Mobileが寡占状態のMVNO事業に本格参入!通信料制限はSNS(LINE,Twitter,Facebook)に関しては一切なし

MVNO事業でDoCoMo(ドコモ)の回線を使用している 回線が安定していて早い であることに注意!

今存在するMVNO事業主が利用している回線は、DoCoMo(ドコモ)がほとんどと2社au(mineo,UQ Mobile)となっています。

ドコモを利用しているMVNO事業会社それぞれの回線品質はまちまちで、回線速度が日中ガタッと遅くなるものとかもあります。

auの2社も同様ですが、UQ Mobileは比較的一日中安定しています。

なので、ドコモの回線を利用するからと言って、LINE Mobileの回線品質が良いかは分かりません

LINE Mobileの優位性は間違いなく通信料制限に掛からない「LINE全サービス(LINE Music含む)」「Twittter」「Facebook」利用し放題

今あなたがスマホで日常的に利用しているアプリにはどのようなものがありますか?

僕の場合、ほとんどがTwitterとFacebook,メッセージ送受信にLINEを利用しています。

たまにSafariで検索したり、2chを見るくらい。

LINE Mobileが正式ローンチされる際は間違いなく加入しようと考えています。

上記SNSの通信は通信料にカウントされるのか否かでも変わりますが、もしカウントされなければ大幅に通信料を節約できるため、上限の通信料プランを安いものに変えられるからです。

現存するMVNOサービスはどれも一長一短で、通信品質とキャッシュバックくらいしか差別化要素が無かったところに、LINEは自社サービスの提供とTwitterやFacebookとの連携で、サービスでの差別化を図ってきました。

これは正直上手い。

プラットフォーマーであるLINEだからできたことです。

密かに大きいと感じるのが音楽ストリーミングサービス「LINE Music」が通信料気にせず使い放題になること

音楽ストリーミングは現状、通信料が莫大にかかるためwifi下でしか利用できていませんでした。

今回のLINE Mobileでは、LINE Musicの通信料は月額の制限対象外になるので、どこでも聴き放題になります。

(Amazonみたいに、LINE Mobile加入⇒LINE Music無料でOKでしょ?頑張ってLINEさん)

参考:Amazon prime musicという破壊的イノベーターの今後

MVNOを最近検討している(UQ Mobileに加入しようか検討中)僕ですが、その気持ちが大きく揺らぐ発表でした。

スポンサーリンク
23e84a79cf02784fc215719b4b1b6577_s

この記事が役に立ったらいいね!をしよう