「オウンドメディア」という単語が聞かれるようになって久しくなりましたが、明確な定義が無いものの”企業自らが運営する(広報用の)サイト“がこれに該当します。

企業自らが自社製品をアピールする場(=サイト)を製作し、そこでPRする。

この流れが広がっていくにつれて何が起こるか。

憂き目に遭うのがアフィリエイトサイトだろうなぁと個人的には思っています。

参考:http://liskul.com/wm_ownedmsp11-4514

スポンサーリンク

オウンドメディアでのCV獲得がアフィリエイトサイトでの獲得より優位な4つのポイント

※以下、広告出稿企業がオウンドメディアを運営することになった場合、アフィリエイトサイトと比べてどちらが費用対効果が高いかを考えた場合のお話です。

コンテンツ内容に対するレギュレーションがしっかりしているため、質を担保できる = ユーザーからのクレームリスクを最小限にできる

ソーシャル全盛の今、企業は自社のイメージを下げるような書き込みを気にします。

特に商品を主観で評価しているアフィリエイトサイトの場合、記載内容のクレームはサイト運営者ではなく会社側に来ることがほとんどです。

掲載しているコンテンツ内容の質を高められるという意味では、オウンドメディアの方が優っています。

ソーシャルとの連携力極めて高い

今では企業が公式アカウントを作成して、TwitterやFacebookで発信を行う時代になりました。

そうなった際に、一番自然な形で商品をPRできかつソーシャルでのシェア(≒被リンク)を獲得できるので、アフィリエイトサイトよりも圧倒的に費用対効果が大きい(はず)です。

が、まだソーシャルの運用はどの企業も手探りであり、何が正解か分からない状態。(参考:Facebookが時価総額30兆円の理由をマーケティング目線で解説する)

これがある程度知見を確立すれば、ますますオウンドメディアへの流れが進むのは間違い無いでしょう。

サイト内の改善が容易である(アフィリエイトの場合、CV数を増やすなら優秀なサイトを確保しなければならない)

オウンドメディアは自社メディアであるため、サイトの改善は日々行っていくことができます。

外部サイトからのコンバージョンに頼るより、こちらの方がよっぽど成果が出るのが早いです。

というより、CVを増やすためのレバーを自分達で持てるというのは圧倒的な優位点です。

ドメインパワーを最初から保持できる(サブドメインやサブディレクトリでの運用・被リンクによるリンクジュース獲得)

オウンドメディアを運営する場合、基本的にサブドメやサブディレクトリでの運用を行うはず。

となると、トップドメインからのリンクジュースを受けてのスタートになるため、ページランクも高いまま進められるでしょう。

ブランド名も使えるので非常に優位な状態です。

代理店を挟まなくて良い(=ASPとの連携を考える必要が無い)

オウンドメディアでそのままCVさせれば良いので、代理店を挟む必要が無くなります。

そのため、単純にその分コストが浮きます。

アフィリエイトサイトでのCV獲得がオウンドメディアでの獲得より優位な2つのポイント

KPI設定が容易である

これに尽きます。

アフィリエイトサイトでの獲得は件数をKPIに設定すれば良いのですが、オウンドメディアとなると見るべき指標が数多くあります。

サイトの成長フェーズ毎にKPI設計を柔軟に行うべきであり、ここら辺のさじ加減が上手くいく企業は少ないでしょう。(相当凄腕のディレクターがいないと…)

コストの調整が容易である

アフィリエイトサイトの場合、効果が悪い場合や予算の調整の際は止むなく出稿停止を行います。

もちろん、これはリスティング・ディスプレイ広告等も同様ではあるのですが、リスティング等に比べて実績に波が出やすい(かつ読みにくい)アフィリエイトの方へ先にコスト調整のメスが入る会社が多いのでは?と個人的には思います。(アフィリエイトの場合、出稿停止までにタイムラグがあるので、急な配信停止はリスティング広告かな?)

が、オウンドメディアの場合運用しているだけで人件費からサーバー代、記事外注費まで色々費用がかかります。

いきなり運用を停止する訳にもいかず、粛々案件へ格下げされるという可能性も大いにあるのがオウンドメディアです。

 

何が言いたいのか分からなくなってきましたが、今はオウンドメディアとアフィリエイトサイトの大きな転換点にあるような気がします。

サイト運営者は何を武器に勝ち残るのか。

これまでのような、とりあえずランキングサイトで被リンク送っておけばOKという時代はとうに終わりを迎えています。

Googleのアルゴリズムの進化に加えて、オウンドメディアとの勝負が入ってくるのですから。

TechAcademyでWebマーケティングを学ぶ

スポンサーリンク
975ba1fb5a6d3ac82df63afa2a782b08_s

この記事が役に立ったらいいね!をしよう