Googleは、2013年より更新の途絶えていたGoogleツールバーのページランク(PageRank)の更新を、完全に停止することを発表しました。

これに伴い、ページランクの数字表記(TBPR=ToolBarPageRankの略)も確認することができなくなり、代わりに「PageRankの情報を利用できません」というメッセージが表示されるようになります。

上記は”表記上のページランク“は無くなりますが、裏側の”ランキングアルゴリズムとしてのページランク“は無くなりません。

そのため、普通に運営しているサービスやサイト、ブログが影響を受けることはありません。

参考:Googleのリスティング広告に大きな変更!右側広告枠は無くなり、左側枠は一部ジャンルで従来の3つから4つに

スポンサーリンク

(安価な期限切れ)中古ドメイン購入による被リンクを利用したブラックハットSEOは滅びる道に

中古ドメインとは、ページランクの概念をベースに被リンク効果の高いであろうドメインに値段を付け、売買されるものです。

今回正式にページランクの表記上の概念が無くなることにより、ページランクをベースにした売買は不可能になります。(値段の付けようが無くなるから)

中古ドメイン業者は、ツールバーのページランクが更新されなくなってから別の指標を導入しているケースが多いため、すぐには影響が無いとは思いますが、期限切れギリギリの中古ドメインを探すサービスは根幹から考え直す必要がありそうですね。(別の指標を導入するだけだとは思いますが)

僕は中身の薄い被リンクだけで検索順位を上げているアフィリエイトサイトは、検索エンジン・ユーザーにとってノイズでしか無いと考えている側の人間なので(現にGoogleはこうしたサイトを取り締まるのに躍起になっている)、歓迎です。(参考:美容医療・美容外科のホームページに対する厚生労働省の広告規制検討から考えるアフィリエイトサイトの未来)

サイト運営者は検索エンジンの方を向くのでは無くユーザーのことを考えてUIや機能を改善したりコンテンツを作りましょう

正直どうでもいいニュースだから内容も薄いです。

参考:プログラミングを独学で勉強しても、基礎しか身につかずに挫折した経験のあるあなたへ

TechAcademyでWebマーケティングを学ぶ

スポンサーリンク
eaba2bd919885872c92ea267a3f8324f_s

この記事が役に立ったらいいね!をしよう