自分でサイトやブログを運営していると、検索順位が気になるもの。

特にアフィリエイトサイトの場合、狙ったキーワードでの検索順位がいくつであるかは収益に直結する死活問題です。(参考:Google AdWordsで実際の掲載順位を検索してみて調べるのはやらない方がいい)

上記記事でも書きましたが、自分のサイトの検索順位を調べるにはシークレットモード(プライベートブラウズ)での順位を見る必要があります。

Chromeでいうシークレットウィンドウに当たる訳ですが、それでもGoogleのパーソナライズド検索を完全に無効化できる訳ではありません。

スポンサーリンク

シークレットモード(プライベートブラウジング)はCookieの無効化や履歴の無効化が出来るが、IPまでは無効化できない

確かにCookieや履歴の無効化がなされるので、基本的に”ほぼ”パーソナライズド検索が無効化された状態だと言えますが、それでも完璧ではありません。

プライベートブラウズは接続元のIPまで無効化することは出来ない(IPを簡単に偽装できるのは好ましくない)

Google AdWordsの広告配信ではユーザーの位置情報に応じたターゲティングを行うことができ、これはシークレットウィンドウでの閲覧であろうが関係なく配信できるのです。

また、GoogleはIPから位置情報を判定し、近くの店などを表示してくれます。

シークレットウィンドウで「居酒屋」と検索した図が以下になります。

スクリーンショット 2016-03-20 17.11.52

 

見事に新宿の居酒屋がいっぱい出てきます。(ちなみに新宿にいませんww)

上記を完全に無効化して「居酒屋」と検索した時の検索順位を調べるには、特殊なツールが必要になります。

無料でパーソナライズド検索を”出来るだけ“無効化する2つの方法

各ブラウザのシークレットモード(プライベートブラウズ)を有効にする←便利なショートカットを覚えておこう

※以下Macは全てCtrl → Commandと読み替えてください。

Chromeの場合 = Ctrl+Shift+N

Safariの場合 = Ctrl+Shift+N

FireFoxの場合 = Ctrl+Shift+P

Internet Explorerの場合 = Ctrl+Shift+P

上記ショートカットは非常に便利なので、覚えておきましょう。(ちなみにスマホでもプライベートブラウジングは可能です。)

上記はいずれもIPによる位置情報が検索結果に反映されます。ご注意下さい。

完璧にパーソナライズド検索を無効にして検索順位を調べるならば、有料のツールを使うしかない

GRC

僕も有料プランに登録しましたが、無料での利用も可能です。

Windowsのみで稼働するアプリケーションで、SEOを生業にしている人であればほとんどの人が知っているツールだと思います。

最近、WindowsデスクトップPCを購入したので、そちらにアカウントを移して毎日見ています。(参考:MacBookProユーザーが鬼スペックのWindowsデスクトップPCを買って生活が一変した)

検索順位の「見える化」なら検索順位チェックツールGRC

TechAcademyでWebマーケティングを学ぶ

スポンサーリンク
86f66e8d9b0fb96f428ee106a6a288ec_s

この記事が役に立ったらいいね!をしよう