SEO対策をする上で、というより自分のサービスやサイトを運営していく上でドメイン取得は非常に重要だ。

ドメインというのは簡単に移管するものでは無い。

というのも、Googleのような検索エンジンはドメインが受けている被リンクを、検索順位の評価基準にしているからだ。(参考:htmlでリンクを生成するaタグ(アンカータグ)をSEO的に正しく使う!アンカーテキストの使い方まで)

今回は、SEO的に問題の無いドメイン(独自ドメイン)の取得方法をまとめる。

スポンサーリンク

まずは独自ドメインを取得するか、サブドメインorサブディレクトリ(無料ブログの無料ドメイン)で始めるべきか

独自ドメインを取るか、無料ブログの無料のドメイン(サブドメインorサブディレクトリ)を取るか。

これは一種の宗教戦争だ。だが、あえて断言しよう

SEO的に独自ドメイン or サブドメイン or サブディレクトリ(無料ドメイン)のどれが良いということは無い

サブドメインやサブディレクトリなら、トップドメインのオーソリティを受けられるから、独自ドメインより有利じゃないの?という指摘をしたい方、一度両方取得して運営してみてほしい。

どっちも変わらん。

Googleは、よりサイト内のコンテンツを重視してサイトの評価を行うようアルゴリズムが進化してきており、直近では忌まわしきページランクの概念を撤廃した。(参考:ツールバーのページランク(PageRank)の更新を停止するとGoogleが発表!中古ドメインの概念は廃止される!?)

どんなドメインを取ろうが、中身が伴わなければGoogleは評価しない

個人的には「独自ドメイン」を取得するのをお勧めする。

理由は簡単で、ドメインはサイトのブランドを表しており、オリジナルである方が良い。

また、SeeSaaブログのようにトップドメインがGoogle八分を食らう可能性があったり、ブログサービスが終了するとドメインが廃止されてしまうことを考えると、独自ドメインである方がリスクが少ない。(ドメインを移管するのは簡単だが、リダイレクト等ミスるとサイト評価が0になる。)

ドメイン名は分かりやすく、複雑なものにしない

このサイトのドメイン名は自分の名前だ。

個人のアウトプットの場としてサイトを更新しているためで、あえて「marketing」とかは入れなかった。

しかも、このドメインは絶対に売らない覚悟なのでHTTPS対応も終わらせている。(参考:サイトをHTTPS化する際に僕がハマった3つの落とし穴)

ドメイン名はサイトのブランドを表すので、リンクを張られる時に認知してもらいやすい分かりやすい名前にすべき

最近はSNSでのシェアを行う人が増えてきたが、その際必ずドメイン名は表示される。

ドメインはいわば「サイトの名刺」なのだ。

時計のサイトであれば「watch」という単語が入っているべきなのは、火を見るより明らかだろう。

意味不明な文字・数字の羅列では、ユーザーは一向にあなたのサイトを認知できない。

日本語ドメインがSEO的に検索エンジンから良い評価を受けていた時代も終わった

未だに日本語ドメインを取得するアフィリエイターが多いが、もう検索エンジン的には効果無い

検索エンジンはクエリ(検索されるキーワード)に対して、完全一致(or関連語)を太字で強調する

以下を見て欲しい。

スクリーンショット 2016-06-03 0.20.20

「クレジットカード」と検索した時の検索結果だ。

説明文も含め、URLに含まれる文字列も強調されていることが分かる。

この効果を狙って日本語ドメインを取得するのであれば良いと思うが、CTRの微妙な上昇くらいであり、スパムサイトか?と思われるリスクを考えれば僕は日本語ドメインは取得しない。

.comや.netといったgTLD(ジェネリックトップレベルドメイン)と.jpなどのccTLD(国別トップレベルドメイン)のSEO効果も違いは無い

Googleのウェブマスター向け公式ブログにて、gTLDとccTLDの扱いが変わらないことを明言している。

正直どのドメインを取ろうが、SEO的に有利不利は無い。

だが、僕はこのサイトのドメインに「.com」を選んだ。

国際的に認められているドメインであり、ブランド力のある(≒怪しいドメインでは無いと認知してもらえる)ドメインだからだ。

自分の納得いく好きなドメインを取得してOKだ。

ドメインを取得するなら「お名前.com」が圧倒的に便利

僕は基本的にお名前.comでしかドメインの取得を行っていない。

理由はいくつかあるが、最も大きいのが”共用サーバーと同時申し込みでドメイン代がタダになるキャンペーンをよくやっている”ことだ。(それに、管理画面がドメイン会社の中で一番見やすい & 国内90%以上のドメインを所有している。)

大した金額では無いが、ドメイン代が浮くのは得した気分になる。

お名前.comの共用サーバーと一緒に独自ドメインを取得するのは如何だろうか?

※ちなみに同じくらいの値段でページ表示速度が倍くらい早い「エックスサーバー」について知りたい方は、以下の記事を参考にして欲しい。

===お名前サーバーからエックスサーバーに移転して「2倍」のページ表示速度に!===

TechAcademyでWebマーケティングを学ぶ

スポンサーリンク
e2c42a74de4dcb8e9eace7f55e956757_s

この記事が役に立ったらいいね!をしよう