Twitterは最近、タイムラインの表示のアルゴリズムを新着順から興味関心順にしたり、DMボタンをタイムラインに付与したりとユーザー獲得に奔走している。

参考1:Twitterのタイムラインが関心順になる裏側をマーケティング目線で考える

参考2:Twitterでツイートをメッセージ(DM)でやり取りするボタンがタイムラインに追加!

先日、ツイートの文字数=140文字という聖域にもメスを入れたのだが、当初言われていた「1万字に開放」では無く@ツイート(返信)部分や引用のURLを文字数に含めないといった、部分的な開放となった。

その理由について、考察する。

スポンサーリンク

全てはユーザーの利便性を向上させるため

以前の@ツイートやシェアのURLを文字数に含める方式だと、コミュニケーションを取る or シェアしたい気持ちを削ぎユーザーのコミュニケーションが減る原因となっていた

数人でTwitterでのコミュニケーションを取っている時、以前であれば返信先のユーザー名(@○○)がいくつも連なると、結果的に文字を打てる量が減ってしまうというジレンマがあった。

同様に、シェアしたいコンテンツがあった時、自分のコメントを書くスペースが極端に少なくなってしまっていた。

これではユーザーの利便性を妨げてしまうと判断した、Twitter側の英断だったのでは無いかと考える。

ただし1万字まで拡大させると、“ツイートを折りたたむ機能”を搭載しないとタイムラインが冗長になり、それはそれでユーザーの利便性を削ぐと判断したのではないか(≒広告クリック数も減って収益減に繋がる)

かと言って、ツイートの文字数制限をほぼ撤廃したのと相違ない1万字まで拡大させると、ツイートを折りたたむ機能を新たに付けなければタイムラインが長くなって、結果ユーザーの触れるコンテンツ数は減ると考えられる。

それは同時に、広告への接触数減を意味し、Twitterの収益源を脅かすことになりかねない。

となると、今回のようにTwitterのアイデンティティーでもあった140文字制限は残しつつ、部分的な開放を行うという決断が一番良かったのではないか?と個人的に思っている。

フォロー数が2,000人の壁を突破したら、広告配信を再開しようかと考えている。

参考:Twitter広告でフォロワーを獲得する!配信設定まとめ

スポンサーリンク
101005

この記事が役に立ったらいいね!をしよう