この年末年始で、WordPressにて運営しているこのサイトのテーマを”Simplicity”から”Stinger6″に変えました。

参考:WordPressテーマをSimplicityからStinger6へ。サイトデザイン変更、Twitter/Facebookアカウント作成!

諸々デザインやカスタマイズ等は終えたため、SEO観点やデザイン観点で改めてサイトを見直し、ユーザビリティの向上に向けて最終調整をしていました。

ふと、自分のサイトのソースコードを確認していたところ、不審なh1タグが…(参考:SEO対策に大切な見出しタグ(hタグ)の使い方。理解のコツはhtmlの構造理解から!)

何だ何だと見てみると、原因はサイドバーのウィジェットで表示させていたTwitterでした。

スポンサーリンク

公式Twitterウィジェットの仕様なので、h1タグの排除は(多分)無理

TwitterとFacebookのアカウントを新しく作成したので、これらのタイムラインをサイドバーのウィジェットに配置したかった訳です。

そこで、以下のようにTwitterの設定から公式のウィジェットを作成し

スクリーンショット 2016-01-08 0.40.25

 

次にサイドバーのウィジェットにコードをコピーして以下のように貼り付けました。

スクリーンショット 2016-01-08 0.38.40

すると、どうでしょう。

サイト上でGoogle Chromeの”要素を検証”をしてみると、以下のようになります。

スクリーンショット 2016-01-08 0.43.48

 

公式ウィジェット内部の”ツイート”に「h1 class=”summary”」が適用される!!??

正確には以下のコードが挿入されます。

勝手に「h1」タグ付けるんじゃねぇよ!!!!!!!

 

ということで、当面Twitterウィジェットの挿入はやめることにしました。

TechAcademyでWordPressを学ぶ

スポンサーリンク
4d14d4e52e79635c9c48cc21e3e81369_s

この記事が役に立ったらいいね!をしよう